スポンサードリンク
株主優待は何がお得なのか?

■企業からプレゼントがもらえる
株主優待とは、上場企業が株主に対して、1年に1〜2回、自社の商品や金券など様々な商品を進呈する制度のこと。優待品が届く時期は各社まちまち。権利確定後2カ月くらいの企業もあれば、半年後のところもあるが「約3ヶ月後」というケースが一番多いよう。

株主優待制度は、上場企業の3.5社に1社が導入済みである。株主優待獲得に必要な単元株数を引き下げるなど、制度の拡充を図る企業も増えている。

■「配当+優待」の利回りなら年利10%も夢じゃない
株主優待は、インカムゲイン(配当や利息などによる収入)狙いの投資としても魅力的。配当金に株主優待の商品価格を合わせると、実質の利回りがグンとアップ、買いタイミングによっては年利10%を超えるというケースも。

ただし何らかの原因で株価が大幅に下落し、それゆえ利回りが高くなっている場合もある。数字だけではなく業績などのチェックを忘れないようにしたい。好業績で高利回りの銘柄なら長期保有するのも手です。

■株主優待限定の商品がもらえることも
アサヒビールの「株主限定ビール」やタカラトミーの「オリジナルトミカ」など、企業によっては株主用に特別に作った製品を優待品として提供してくれる企業もある。これを楽しみにしている株主優待投資家も多く、ものによってはプレミアムがつく可能性もある。

さらに、厳密には株主優待ではないが、株主総会に出席すると非売品のグッズがもらえたり、株主限定のイベントに参加できたりといった特典を得られることもある。

2011年08月22日

カネ美食品 店舗運営コストの削減で利益率改善に期待

♪カネ美食品♪

♪どんな会社?
 愛知県を地盤とする「中食企業」。
 百貨店やスーパーのテナントでの惣菜販売や、コンビニ向け
 のおにぎり、弁当を死蔵している。

♪最低必要額
 26万円

♪予想配当利回り
 1.92%

♪優遇+予想配当利回り
 4.23%

♪業績チェック
 売買低迷での流動性リスクに注意!!
 震災後は内食志向の高まりで、総合惣菜店舗や寿司
 専門店舗の売上げ拡大が予想される。
 店舗運営コストの削減で利益率改善に期待。

♪優待内容
 8種類の商品から選べるセレクトグルメ配達便
 100株以上:3,000円相当
  300株以上:5,000円相当
 1000株以上:10,0000円相当
posted by ゆうちゃん at 17:57 | Comment(0) | 9月権利確定銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。